無料で始める

ドメインを使ったメール

独自ドメインを使ったメール

Crayonでは、メールサーバーを提供していません。そのため、取得した独自ドメインでメールアドレスを作りたい場合は、他社のメールサーバーを用意してください。
設定イメージ メールサーバーの仕組み
ここでは、Google社が提供するサービス「Google Workspace」を使った、メールアドレスの作成方法をご紹介いたします。
※「Google Workspace」は、旧名称「G suite」及び「Google Apps」と同じサービスです。
※ Google Workspaceの設定画面が、スマートフォンでは見にくい箇所がありますので、パソコンでの操作を推奨いたします。

ご注意:
Google Workspaceに関するご質問は、Googleへお問い合わせください。
Crayonではサポート出来ません。

Google Workspace に登録

Google Workspace公式サイトを開き、案内に従って無料試用を開始します。
GoogleWorkspaceトップ画面
※画像はスマホ表示のものです。PCの場合は、右上の「無料試用を開始」を押すだけです。
※Google Workspaceは有料サービスですが、数日間だけ無料試用ができます。
案内に従って情報を入力していくと、アカウントを作成できます。(詳細は省略します。)
GoogleWorkspaceアカウント作成
アカウントを作成したら、「設定に進む」を押してください。

ドメイン所有権を証明する

先ほど入力したドメインが、自分のものであることを証明します。
大まかな流れは以下の通りです。
1.Google WorkspaceからTXTレコードと呼ばれるランダムな文字列を取得する。
2.TXTレコードをCrayonのサポートに伝える。
3.Crayon側の設定が終わるのを待つ。
4.Google Workspaceで所有権を証明する。

1.TXTレコードの取得

残念ながら、ここから先の画面は、複数のパターンがあり、把握できていません。
下の画面に移動した場合は「所有権を証明」を押してください。
Google Workspace設定画面
「所有権を証明」までたどり着けなかった場合は、下のリンクから移動してください。
Google Workspace 設定ツール
※ログイン画面になった場合は、先ほど作成したアカウントでログインしてください。
確認方法が「TXT 確認」になっていることを確認し、「続行」を押します。
GoogleWorkspace所有権を証明
TXTレコードと呼ばれる文字列を取得します。
GoogleWorkspaceTXTレコードの取得
TXTレコードは「google-site-verification=」から始まるランダムな文字列です。

2.TXTレコードをCrayonに送る

取得したTXTレコードをCrayonのお問い合わせから送ります。
お問い合わせ方法が分からない方はこちら
Crayonお問い合わせ
【お問い合わせ例】
件名(タイトル)
Google Workspaceの設定
内容(ご質問)
TXTレコードの設定をお願いします。
《コピーした文字列》

3.Crayon側での設定

弊社(Crayon)側で、TXTレコードをドメインに設定いたします。

設定は手動で行いますので、多少お時間をいただきます。
また、営業日での対応となりますので、土日祝日のご連絡は、翌営業日での対応となります。
何卒、ご了承ください。

設定が完了すると連絡が届きます。
Crayonの管理画面にログインし、確認しましょう。
Crayonお問い合わせの確認

4.所有権の証明

TXTレコードを取得したページに戻ります。
Google Workspace から行く場合は、「管理コンソール」→「ドメイン」→「ドメインの管理」→「管理コンソールの設定」で、「所有権の証明」ページまで行けます。
辿り着けない場合は、下のリンクをご利用ください。
Google Workspace 設定ツール
※ログイン画面になった場合は、作成したアカウントでログインしてください。
GoogleWorkspace所有権の証明
「続行」を押すと、TXTレコードを取得した画面になります。
画面右下にある「ドメインの所有権を証明」を押すと、TXTレコードが設定されているかの確認が始まります。
GoogleWorkspace所有権を証明
※確認は、多少時間がかかります。
Google Workspace を設定しましょうの画面に戻り、1つ目が「~の所有権を証明しました」になります。
GoogleWorkspace設定画面
アカウント作成時に作ったメールアドレスの他にも、別のメールアドレスを複数作成する場合は、2番目の「作成」で作成してください。(メールアドレスの作成は後からでも行えます。)
作成方法については、ここでは省略します。
3番目の「有効化」を押し、進んでください。
Crayon側で設定を済ませてありますので、どんどん先に進むと、完了の画面になります。
ユーザーの作成を行っていない場合は「または後で設定する」を押して、完了の画面に移動しましょう。
GoogleWorkspace設定画面
完了画面では、テストメールを送信して、Gmailで受信できるか確認できます。
GoogleWorkspace設定完了画面

Gmailを開く

Gmailを開きます。スマホの場合はGmailアプリを使うと便利です。
作成したユーザーでログインすると、メールを確認できます。
Gmail 受信トレイ
以上で独自ドメインを使った、メールアドレスの作成は完了です。
なお、Google Workspaceは有料ですので、無料試用の期間が終わる前に、お支払いの設定を行いましょう。

マニュアル一覧

Crayonをもっと調べる

下の丸いボタンから、別のページに移動できます。